by myself と myself の使い方の違いについて解説!!

 

こんにちは!

 

今回はby myselfmyselfの使い方の違いについて解説します。

 

一見同じように見えますが微妙な意味とニュアンスの違いがあります。

 

両者の違いが分かればby myselfmyselfの使い分けを問題なく行えるようになります。

 

それでは例文を交えながら、それぞれの意味・使い方について解説していきます。

 

by myself … 一人で

 

※キーワードは「一人」です。

一人で〜する=~ by myselfで覚えるといいと思います。

 

【例文】

A:How did you learn English?
 どのように英語を学びましたか?

 

B:I learned English by myself.
 独学で英語を学びました。(自分一人で=独学)

 

A:Where did you go for summer vacation?
 夏休みはどこにいきましたか?

 

B:I went to Okinawa by myself.
 一人で沖縄に行きました。(一人旅というニュアンスになります)

myself … 自分自身で

 

※キーワードは「自分自身」です。

自分自身で〜する = myselfで覚えるといいと思います。

 

【例文】

I love myself.
自分自身が大好きです。

 

I want to make breakfast myself today. 
今日は自分で朝食を作りたいです。

 

それぞれの違いは、「一人で〜する」か「自分自身で〜する」です。
意味とニュアンスの理解ができれば迷うことなく使い分けることができます。

 

 

 

次は問題を交えながらby myselfとmyselfの使い分けに慣れていきましょう。

 

【問題】

和訳文を参照し〇〇にby myselfかmyselfどちらが当てはまるのか考えてみてください。 
※回答は下記に記載しています。

 

私はそれを一人でやりました。
I did it 〇〇.

 

私はそれを自分自身でやりました。
I did it 〇〇.

 

大阪に一人で行きます。
I go to Osaka 〇〇.

 

夜ご飯は自分で作ります。
I make dinner 〇〇.

 

 

 

 

【解答】

私はそれを一人でやりました。
I did it by myself.
(一人で行ったことなので=by myself)

 

私はそれを自分自身でやりました。
I did it myself.
(自分自身で行ったことなので=myself)

 

大阪に一人で行きます。
I go to Osaka by myself.
(一人で大阪に行くので=by myself)

 

夜ご飯は自分で作ります。
I make dinner myself.
(自分自身で作るので=myself)

 

一人ですることはby myself
他の誰でもない自分自身がすることはmyself
と意味を理解して使い分けることで迷うことなく使い分けられそうですね。

 

今回は、by myselfmyselfの使い方の違いについての解説でした!

 

参考程度に記事を読んでいただけると幸いです!

 

 

 

 

個別指導塾B-fatは、上野毛駅に近い地域密着型個別指導塾です。
小学生・中学生・高校生の勉強のサポートをします。

上野毛・等々力・二子玉川地域で塾をお探しの方は、ぜひとも足を運んでみてください。
講師ともどもお待ちしております!

◇無料体験授業・学習相談のお申し込みはこちら↓

◇B-fat公式HPトップはこちら↓