日出中高改め、目黒日大中高の説明会に行ってきました。

 

 

 

 

こんにちは。塾長の沖津です。

 

 

 

 

 

目黒駅から徒歩5分ほどにある、日出中高の説明会に行ってきました。

 

 

 

 

 

日出中高の説明会の目玉は、何と言っても

 

 

 

「日大の附属校について」

 

 

 

これに尽きます。

 

 

 

 

 

学校につくと幼稚園が先に見えてきます。その奥にあるのが中高の校舎。

 

 

 

 

 

 

 

 

きれいな校舎と高いセキュリティで、学ぶ環境としてはとても良いですね。

 

 

 

 

 

早速ですが、説明会の内容を紹介します。

 

 

 

既にご存知の方も多いかと思いますが、日出中高は来年度より、

「目黒日大中高」と名称を変え、日本大学の付属校として生まれ変わります。

 

 

とても魅力的ですね。

 

 

ここからは、Q&A方式で説明会の内容を紹介したいと思います。

 

 

 

 

 

Q1.

いつから附属校になるの?

 

A1.

来年度の入学生から。2019年度入学生からです。

 

 

 

Q2.

日大にはどのくらいの人が進学できるの?

 

A2.

まだ実績がないので明確な数字は言えないそうですが、約60%の生徒を日本大学に送る予定のようです。

また、日出高校には芸能コースやスポーツコースもあります。日本大学に進学しない40%の中に、10%ほどは大学に進学せず、芸能活動を行ったり、スポーツに専念する生徒だそうです。

そのため、進学する生徒の中では約67%の生徒が日大に進学する計算になります。

 

 

 

Q3.

中学から入学と、高校から入学では進学において差はでるの?

 

A3.

日大への内部進学に関しては全く関係ないです。どのクラスにおいても、成績上位者は国公立大学や早慶上理やGMARCHなどの私立大学への合格を目指します。

 

 

 

 

Q4.

日出の時と受験の変更点はあるの?

 

A4.

大きくあります。

まずは中学から。2月1日のPMに特待入試を導入します。1日PMもしくは、2日AMに1科算数入試を導入します。英検2級取得者は、特待合格を出します。帰国生入試において、12月16日に受験日を新たに設けます。

高校ついてです。進学コースは今までオール3(9科27)で推薦をもらえたのですが、来年からはオール4(3科12または5科20)が推薦基準になります。

特進コースに関しては、進学コースに1点プラスした内申点が必要になります。

ちなみに、進学コースは日大への内部進学を目指すコース。特進コースは、国公立や難関私立合格を目指すコースです。

また、入試問題の傾向も全く異なりますのでご注意を。

受験前は、日出の過去問を行うより、他の日大付属校の過去問を行った方が効果的かもしれません。

 

 

 

 

Q5.

日出高校の通信課程はどうなるの?

 

A5.

通信課程もより進化して生まれ変わります。

実は、日大の附属校で唯一の通信課程を持つ高校です。その通信課程からも日大への内部進学をするコースも設けます。

 

 

 

 

Q6.

その他、耳寄りな情報はある?

 

A6.

11月3日(土)の午後に、「中・高入試体験会~目黒日大のプレ入試」が行われます。

受験を考えている方は、必ず参加してください。

 

 

 

 

 

 

以上、目黒日大中高のQ&Aでした。

 

ぜひ参考にして見てください。

 

 

 

 

 

2018年5月6日までのキャンペーン実施中!!

 

通常1回の無料体験授業を、期間中の2週間のあいだ

 

何回でも受講できるキャンペーンです。

 

個別指導塾を決めるのは塾との相性。

 

相性をぜひ2週間で見極めてください!!

 

お申込みはHPもしくはお電話で。

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

B-fatのHPはこちらから。

 

http://www.b-fat.net/

 

 

 

 

無料体験授業・学習相談のお申込みはこちらから。

 

https://select-type.com/rsv/?id=7kzth9vI2L0

 

 

 

 

過去のブログはこちらから。

http://www.b-fat.net/category/blog

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー