B-fatの使い方の例

中学2年生の部活に忙しいA君の場合

部活が忙しくて、勉強しようと思って家に帰って来てもすぐに寝てしまうんだ。
だから、塾で授業がない日は部活が終わった後、そのまま塾へ自習に行って勉強してから帰るようにしているよ!

中学受験のために併塾しているBさんの場合

平日は他の塾に行っているから、土日だけB-fatに行くことにしてるの。
土日も朝から夜まで開いてるから必ず行くようににているよ!他の塾のサポートもしてくれるからすっごく便利!

高校1年生のC君の場合

苦手な教科だけでも対策してくれるから、テスト前だけエイトコースを受講していたんだ。
苦手なところを克服して、点数が20点も伸びたよ!これはテスト前のスケジュールだよ。

目的に応じた授業・外部生向けコース

通常授業

予習型

学校より先に実際の教科書や、教科書に沿った教材を使って学習します。

学校で授業を受けた時にはすでに復習になります。

つまり「反復」することによって知識を定着させていきます。

復習型

学校の進度とは関係なく、現学年までの総復習を行います。
まずは苦手をなくし得意を磨いていきます。

予習復習並行型

教科書に沿った教材を使って、復習を行います。
学校での理解が浅い単元を発見し、克服します。

講習授業

生徒さんとのカウンセリング、保護者様との面談を通じて、定期的に目標の再設定・目的の確認を行います。
各講習のカリキュラムについても、目標・目的に向けた1年間のプランの一環としてその内容を決定します。
また希望者を募り、講習ごとに検定合格授業も行います。

春期講習

新学年のスタートダッシュを切るため、予習が中心の講習になります。
特に、新中学1・2・3年生は実際に学校で使用する教科書を使用した授業も行います。
全学年の学習が不安な生徒さんは、復習授業を提案させていただくこともあります。

夏期講習

1年で1番長い休みを利用して、現学年までの総復習を行います。
苦手分野の克服、得意分野の向上など、目標を設定して復習を進めます。
後半は、2学期の予習を行います。また、中学生は1学期の期末テストと連動し、期末テストと夏期講習の期間を空けずに学習を行います。

冬期講習

受験生は、過去問演習中心の授業に入ります。
その他の生徒さんは、学年末テストに向けた学習、1・2学期の復習を行います。
また、受験生は入試直前講習と連動して授業を設定します

その他の授業

テスト対策授業

定期テスト1ヶ月前からカウンセリングを行い、テストに向け対策を始めます。
各学校、各学年のテスト範囲を確認した上で、一人ひとり苦手な教科や分野を踏まえ、
学習プランを作成します。

入試直前講習

入試日から逆算したプランを作成し、志望校の過去問題や受験教科の最終確認などを行っていきます。
また、実際の試験を想定し、過去問題を中心に試験形式で授業を進めます。
得点できなかった内容をその場で掘り下げ、弱点を無くしていきます。

検定合格授業

テキストの購入からプラン作成、検定申し込みまでお任せください。
高校入試では学校の成績、つまり内申点が合否に大きく関わってきます。
英検・数検・漢検のいずれかを合格していれば内心点に加算されます。早いうちから検定に合格し、高校受験を有利に進めましょう。

外部向けコース

テスト前や検定前だけに通いたい方におすすめ!

スリーコース

90分授業×3回で10,000円(税抜)のコースになります。
1教科に特化し、苦手な教科、点数を伸ばしたい教科のみを行います。

エイトコース

90分授業×8回で20,000円(税抜)のコースになります。
2教科から3教科を全体的に復習し、各教科の苦手単元・重要単元を行います。

検定合格型コース

英検・数検・漢検・簿記検定などの検定をテキストの購入からプラン作成、検定申込みまで行います。
弱点の強化、プラス10点の上乗せを目標に合格を目指します。